企業法務・弁護士事務所の転職活動

法律関係の仕事に就くには?

法律事務所の転職活動

法律事務所は資格なし未経験で転職可能?パラリーガルの仕事は難しい?

法律事務所 資格なし

資格や経験がなくても法律事務所で働くことはできる?

  • 法律事務所で働くには資格や経験が必要?
  • 法律の知識がなくてもパラリーガルになれる?
  • 法律事務所での仕事内容や職場環境は?

テレビドラマなどでも度々取り上げられることから、近年知名度を上げてきているパラリーガルという職種。

主に法律事務所で弁護士の補助をするのがパラリーガルの仕事ですが、

法律に関わるのだから特別な資格や経験が必要なのでは?」と思う方も多いかもしれませんね。

結論から言ってしまうと、法律事務所で働くのに資格や経験は必須ではありません。

ただし、パラリーガルを志すのであれば、求められるスキルや資質について知っておくべきでしょう。

この記事では、法律事務所で働くために必要なスキルのほか、パラリーガルの平均年収職場環境などについて、私の職場を例に解説します。

法律事務所で働いてみたい!と転職を考える方は、参考にしてみてくださいね。

【この記事を書いた人】

私は法律事務職員、いわゆるパラリーガルとして働き始めて4年目です。

勤務先は弁護士2人、事務員2人の小さな事務所で、

民事事件・家事事件を中心に幅広く取り扱っています。

事務員としての業務内容も様々で、パラリーガルとして勉強の日々です。

法律事務所は「資格なし・未経験」でも転職できる

法律事務所 資格なし

法律事務所は資格や経験がなくても働ける?

法律事務所は、「運転免許しか持ってない」「法律事務所なんて働いたことない」という方でも就職できます。

私も当時は事務職経験がなく、資格も何一つ持っていませんでしたが、法律事務所への就職に成功しました。

法律という専門性の高い分野で働くことになるものの、パラリーガルの仕事はあくまでも弁護士の補助です。

資格や経験がなくても、法律事務所が提示する求人要件を満たせば、十分働くことができるのです。

同じように、弁護士秘書や一般事務などの仕事も、基本的には資格や経験を必須としません。

ただし、事務所によっては実務経験を求めるケースもあるので、求人内容をよく確認するようにしてくださいね。

面接で質問された2つのこと

面接の際、私がどこの法律事務所でも必ず尋ねられた事は、

  • 勉強は好きか
  • パソコンの操作は得意か

の2点でした。

どちらも「得意です!」と即答すると、どこからもよいご返答をいただきました。

実際に働いてみると、なるほど、重要だったのは最初の知識量ではなく「勉強」と「パソコン」だったとしみじみ思います。

もちろん、他にも質問事項はあると思いますが、この2点について自信を持ってYESと答えられれば、印象は悪くないはずです。

(要注意)ブラックな法律事務所の労働環境が悲惨すぎる…

法律事務所の「資格なし職員」には大きく分けて3種類ある

法律事務所 資格なし

法律事務所で資格が必要ない仕事は?

1. 法律事務(パラリーガル)

特に法律知識を必要とする仕事を担当する事務員のことを「パラリーガル」と呼びます。

仕事内容はおおむね以下の通りです。

  • 訴状や契約書など、文書の作成補助
  • 弁護士の業務に必要な書類の収集
  • 専門性の高い書類の管理
  • 裁判所や法務局などへの手続き
  • クライアントの対応

弁護士の仕事はすべて法律に則って行われるので、それをサポートする事務員にも、ある程度の法律知識を求められます。

とは言っても、向上心を持って仕事をしながら学んでいけば、私のように未経験でも十分に対応できますよ!

パラリーガルに求められるスキル・経験

パラリーガルは複数の作業を同時進行でこなす必要があり、

法律に関する知識以外にも効率の良さ丁寧さ正確さが求められる仕事でもあります。

また、依頼者はそれぞれに悩みを抱えているので、それに対応できるコミュニケーション能力も必要です。

事務職経験や接客業の経験なども十分に活かせる仕事と言えるでしょう。

なお、弁護士が所属している弁護士会には、パラリーガルのための研修や教材も充実しています。

未経験でも仕事をしながらスキルアップができ、身につけばどこに行っても需要がある、とても将来性の高い仕事と言ってよいでしょう。

2. 弁護士秘書

弁護士秘書の仕事は、 弁護士の日常業務をサポートすることです。

私の事務所ではパラリーガルと兼ねていますが、パラリーガルとは分けて募集をしている求人もあります。

主な仕事内容は、

  • 弁護士のスケジュール管理
  • 郵便物やFAXの管理
  • 電話や来客の対応
  • 専門性の低い書類の整理

などです。

弁護士相手の仕事なので、多少の法律用語は使いますが、パラリーガルほどの法律知識は必要ありません。

一般的な文書作成スキルビジネスマナーがあれば、未経験でも問題なくこなせますよ。

3. 経理や総務

求人で「一般事務」として募集されている仕事で、事務所の経営・運営に関する事務です。

仕事内容としては、

  • 着手金や報酬金などの精算・領収書作成
  • 経費や給与の管理・計算・振り込み手続きなど
  • 備品などの購入・管理
  • 事務所清掃

などが挙げられます。

専門性のない業務なので、特別な資格がなくても働けます。

最近になって、民事裁判のIT化を進める法律が制定されたため、

パソコンの操作やITに関する知識を持っていると仕事を進めるうえで役立つでしょう。

今までWordやExcelしか使ってこなかった小さい法律事務所でも、今後はIT知識のある人材が重宝されると予想されます。

(要注意)ブラックな法律事務所の労働環境が悲惨すぎる…

資格なしのパラリーガルの平均年収は300万円~400万円

法律事務所 資格なし

資格なしパラリーガルの平均年収はどれくらい?

スタートは300万円~400万円程度

資格なしのパラリーガルの年収は、事務所の形態によって異なります。

弁護士が1人〜5人程度所属している中小規模の法律事務所だと、300万円程度からのスタートが多いです。

一方、弁護士が6人以上の、特に事務所名に「弁護士法人」と付いているような大規模な事務所では、

年収350万円以上、事務所によっては400万円からという求人も多く見られます。

勤務年数やスキルアップで昇給もある

法律事務所には、一般企業のように部長や課長といった役職・階級はありません。

そのため、昇給は基本的に勤務年数に比例します。

私の勤める小規模の法律事務所では、新卒入社で1年目は年収300万円3年で350万円になりました。

また、仕事の中でパラリーガルとしての専門性を身につけると、昇給が見込めます。

順調にスキルアップすれば、事務所によっては年収500万円〜600万円を目指すこともできますよ。

(要注意)ブラックな法律事務所の労働環境が悲惨すぎる…

法律事務所の職場環境

法律事務所 資格なし

法律事務所は働きやすい?

法律事務所ってどんな人たちが働いているの?

私の勤める法律事務所では、弁護士が2人事務員が私を含めて2人働いています。

同僚の事務員は、現在大学生のお子さんを持ち、20年以上法律事務所で働いている大ベテランのシングルマザーです。

弁護士は2人とも気難しく、頭が良すぎて話についていくのが大変なこともあります。

ですがその分、ハッキリと意見を伝えてくれますし、質問には明確に応えてくれるので、上司としての頼り甲斐があります。

一般企業からの転職者も多い

同僚や他所の法律事務員さんの話を聞くと、前職は一般企業で働いていたということも少なくありません。

メーカー企業の事務だった方や銀行の窓口勤務だった方、派遣社員だったという方など、様々な人たちが法律事務所で働いています。

仕事内容が広いので、職歴に関わらず誰でも経験を活かすことができます。

忙しいが職場環境は良い

私の働く弁護士事務所は忙しいものの、職場環境には恵まれていると感じています。

弁護士のサポートは複数の業務を同時にこなさなければならず、かなり大変です。

しかし、上司は弁護士という職業柄、合理的に素早く仕事を進めるので、よほど大きな事件が重ならない限り、残業はあまりありません

私の事務所は弁護士2人が抱えるすべての事件を事務員2人で協力してサポートしているため、

ほとんどの情報や仕事を事務員同士で共有しており、お互いに気安く頼り合えることも働きやすさの一因となっています。

また、法律事務所は土日祝がお休みなので、子育てをしながらでも働きやすいと言えます。

ブラックな法律事務所で働く職員の雇用環境は悲惨すぎる…

(労働環境が過酷な「ブラック事務所」に注意)

 

これから法律事務所への転職を検討している人は、

労働環境劣悪なブラック事務所にまちがえて入社しないように注意してください。

ブラック事務所で働くのって、

有資格者/無資格者を問わず悲惨すぎます。

↓例えば、こんな感じで搾取されながら、

しんどい働き方をしている人は少なくありません。

ブログ管理人
  • 代表弁護士がパワハラで、罵声が日常的に飛ぶような職場…。
  • 未経験新人なのに、何もわからない状態で現場に出され放置される。
  • 常にサービス残業で最低賃金レベルの給料しか稼げない…。
  • 無意味な飲み会にしょっちゅう強制参加させられる。
  • パラリーガルは雑用扱いで、ちゃんとした実務経験を積めない…。

↑実はこれ、私自身が過去に経験したブラック事務所の実態なんです…。

(結局、その事務所はさっさと見切りをつけて別の事務所に転職しました。今から考えると本当に無駄な時間と労力でした…)

法律事務所ってどこも小さな組織ですから、

経営者である代表弁護士がほとんどの権限を持っています。

労働組合みたいなものも普通ありませんから、

代表の考え方によってはブラック企業そのもの…

みたいな雇用環境になってしまうことが少なくないんです。

もちろん、こんなブラックな法律事務所ばかりではありませんよ。

職員の離職率を少しでも下げ、長く働いてもらうために、

↓ホワイトな労働環境を作る努力をしている事務所もたくさんあります。

(法律事務所の求人例:クリックで拡大)

(法律事務所の求人例:クリックで拡大)

(法律事務所の求人例:クリックで拡大)

(法律事務所の求人例:クリックで拡大)

どうせ働くなら、

相場より高いお給料を払ってくれて、

雇用環境的にも働きやすい事務所で働きましょう。

これから初めて働く未経験の方も、

雇用環境に配慮しているホワイト事務所の方が、

しっかりとした教育を受けながら実務経験を積めますから、

長期的に見てもキャリアにプラスになりますよ。

ブログ管理人

ホワイトな法律事務所の求人は、

↓以下のような企業法務や法律事務所求人に強い転職サイトで探すとたくさん見つけることができます。

ヒュープロ(法律事務所の求人が豊富な無料転職サイト)

法律関係の求人探すならここ!

ヒュープロは、企業法務や法律事務所の求人が豊富な無料転職サイトです。
・未経験資格なしOKで年収400万円〜
・実務経験2年以上で年収600万円〜
・在宅OKで残業ゼロの法律事務所求人
・法律事務所から企業法務
の転職求人
など、ホワイト求人が多数ありますよ。
>>法律関係の求人を見る(378件あり)

(未経験求人:クリックで拡大)

(未経験求人:クリックで拡大)

(経験者求人:クリックで拡大)

(有資格者求人:クリックで拡大)

将来独立する人や、未経験の人も給料にはこだわるべき

(稼げるお給料や雇用環境にこだわって仕事を選ぶことはとても大切です)

  • いつかは独立するから、勤務時代のお給料にはこだわらない。
  • 若いうちの苦労は買ってでもすべき…。
  • まだ未経験なので、法務の実務経験を積めればどこでもいい。

↑こうした理由で、とりあえずはブラック事務所でもいいや…

という感じで勤務先を選んでしまう人は少なくありません。

しかし、こういう職場の選び方は絶対にやめた方が良いです。

将来的に法律家として独立するにしても資金は必要ですし、

どのぐらいのお給料を稼ぎながら働くかは、

法律家として仕事へのプライドを持てるかどうか?にも関わってきます。

ブラック事務所は人材教育もぞんざいであることがほとんどですから、

積める実務経験の質も低くなりがちなのも問題です。

これから未経験で法律事務所への転職を目指す方も、

すでに法律事務所で働いている実務経験者の方も、

お給料や雇用環境にはしっかりこだわるようにして下さい。

同じ働くなら、稼げるお給料は少しでも高いにこしたことはないですしね。

今すぐは転職できない人も、やっておくべきこと

(転職サイトへの無料登録は早めにやっておきましょう)

今すぐは転職するかどうかわからない、

まだ転職活動を始めることができない…という方も、

法律職むけの転職サイトで無料登録だけは早めにやっておきましょう。

転職サイトで無料アカウントを作っておくと、

自分にマッチする求人が出るたびに最速で通知してもらうことができます。

優良なホワイト事務所の求人を見逃さなくなりますよ。

良さそうな求人を見つけたら、ブックマーク保存しておきましょう。

これを早めのタイミングでやっておくと、

いよいよ転職活動をせざるを得ない…となったときに、

たくさんの選択肢の中から求人を選ぶことができて有利です。

転職活動の成功/失敗って、

良い求人に、良いタイミングで出会えるか?

によってほぼ決まってしまうのが現実です。

ブログ管理人

「能力的に優秀でやる気がある人なら、必ず良い事務所に入れる…」

というわけではないことに注意して下さい。

逆に言えば、経験的にまだ自信が持てない人も、

転職活動のやり方が上手なら、

ホワイト事務所に入れるケースはたくさんあるってことですね。

転職活動って人生でそう何度もやることではないですから、

なんとなく…で進めてしまう人も少なくありません。

特に、退職ギリギリのタイミングで求人リサーチを始めてしまい、

良い求人がなかなか見つからず、

あせってブラック求人に応募する…

みたいな失敗はとても多いので注意して下さい。

優秀なのに、転職活動のやり方がまずかったのが原因で、

ブラック事務所で働かざるをえない…とかめちゃくちゃ損ですよ。

↓転職サイトは登録無料です。

法律系の優良ホワイト求人がたくさん見つかる転職サイトはこちら。

>>現在募集中の求人で年収を見てみる

法律事務所に転職したい人へ

-法律事務所の転職活動

Copyright© 法律関係の仕事に就くには? , 2024 All Rights Reserved.